シミランのダイビングポイントって? プーケットでダイビング!しまかぜ案内人と海中探検へGO★

プーケットしまかぜ案内人がお届けする、プーケット近郊のダイビング紹介、シミランクルーズの魅力、ダイビング何でも相談などダイバーの為のブログ

ホーム > カテゴリー - シミランのダイビングポイントって?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Fantasea Reef 

プーケット ダイビング シミランクルーズ タイ
先日新年の挨拶をしたと思ったら、もう1月が終わってしまいますね~
本当に月日の経つのは早いです こんな感じで、1年が終わり、そして1年また年を取るんですかね~ まぁそれだけ充実した日々を送っていて、幸せなプーケット生活ですけどね

先日13日~17日まではシミラン&リチェリューロッククルーズへ行って来ました!
大きな海、真っ青な空、夜は満点の星空がキラキラと~ やっぱり船上生活は幸せですね

ちょっと風があって、波もあり、今回はリチェリューロックまでは行けずにタチャイ島までの行程でしたが、たくさんのアンダマン海の生物達と戯れ、大好きなスズメダイ、チョウチョウウオ達もいっぱい観察できたので楽しかったな~

そして今回はずっとクローズしていたfantasea reefへ潜って来ました!
あのダイナミックな地形、大きなウミウチワ、イソバナ、美しいソフトコーラル、そして中層をたくさんのイエローバックフィージラー、クマザサハナムロなどもの群れ達が泳いでいます

以前僕が初めて潜ったのは確か1994年か1995年だったな~
Shojiさんのバックアップで潜って、イソマグロやカスミアジの大群、そして列を作っているアケボノハゼなどを見て感動したのを覚えている

やっぱり海は最高で、アンダマン海は奥深い海だな~って思った5日間でした
次回はいつかな~~~


プーケットでの観光ツアー予約は
プーケット、タイでの観光&オプショナルツアー、スパ、離島
http://www.bai-mai-tour.com


プーケットでのダイビング予約は
プーケットでのダイビング、シミランクルーズ、ピピ島ダイビング
http://www.divefreecsphuket.com/


プーケットのスパ&エステ、マッサージ総合予約
プーケットの人気スパ、ローカルスパの予約
http://www.phuketrelaxspa.com



スポンサーサイト

ごっちゃりといる沈潜ポイント

プーケット近郊のダイビングポイントでも沈潜ダイビングが出来る場所があります。スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
大型クルーザーで以前はたくさんの観光客を乗せてピピ島まで毎日行っていた、キングクルーザーが水底に静かに眠っています。全長約90Mでとっても大きく、透明度が少々悪いですが、生物はごっちゃりと居るので満足出来るダイビングですね。それと同様にシミランのダイビングクルーズで最終日に行くポイントでブンソンレックっと言う沈潜ポイントがあります。絵文字名を入力してください
このダイブサイトもごっちゃりと生物が沈潜を覆っているので、非常に人気のあるダイブサイトですね。ぺこり
透明度は平均10Mぐらいとあまり良いとは言えませんが、アンダマン海で見る事が出来る総集編って感じで、じっくりと観察できるので個人的に僕は好きですね。シミランクルーズログに「このポイントが一番楽しかったぁ~」っと書いている白人ダイバーがいましたが、やっぱりすげぇ~なぁ~っと思う時もしばしば。ヲゥ

シミラン クルーズ phuket similan プーケット


この写真のハナミノカサゴもとっても大きくて、優雅に泳いでいますね。スホトラヨテヲ、キ、ニ、ッ、タ、オ、、
根に付いているスカシテンジクダイを一生懸命捕食しようと狙っていますが、中々思うようになりません。こんな捕食シーンをゆっくり観察するだけで楽しいですよね。

phuket diving similan クルーズ ダイビング シミラン諸島 プーケット アンダマンダイバーズ andamadivers phuket similan プーケット ダイビング シミラン

そしてギンガメアジやホソヒラアジも群れ群れ群れっと行き先をふさいでしまうぐらい、たっぷりといるのでちょっとビックリしてしまいます。その他にはフエダイの仲間では、キンセンフエダイ、ホソフエダイ、ヨスジフエダイ、ロクセンフエダイなどもダイバーが来るのをちゃんと待っていますよ。ハート


プーケット近郊のダイビングもお任せ!

東側vs西側 素敵な世界

こんな暑い常夏プーケット島でブログ更新を日々勤勉にやってる僕もすご~いな~っと関心してしまう事があります。でも毎日更新出来なくてもちゃんと「予約登録」をしてでも365日を目指して頑張って行こうと思います。潜水人の他にプーケット極楽案内人も掲載を新たに初めていますのですご~く暇だったら?ちょっと読んで見て下さいね。じゃ、なんでこんなにブログを書いているかって?2007年に嬉しい事にゴーストライターの仕事が2社から以来があり、このプーケット潜水人も2009年には違う形で掲載される予定なのです!でもまだまだ先の話ですので何とも言えませんが・・・

シミラン ダイビング 地形


話は戻ってシミラン諸島での対決はやっぱり僕は東側が勝利だと思っているんだけど?
とくにNO5のアニーターズリーフ、NO7エデンの東、そしてやっぱりNO9のブッレクファーストリーフは潜る度に感動、そして極上の癒しダイブが出来るのでついつい仕事を忘れてしまいますね。

シミラン クルーズ 豪華  シミランクルーズ シミランクルーズログ

2004年の津波後に一度潜ったブレックファーストリーフは悲しく、とても悲惨なぐらい壊れてしまい、1日も早い復旧を今でも願っていますね。
今でもダイバーに大人気のアニーターズリーフは真っ白な砂地から小さなパッチリーフ、そして大きなウミウチワなど60分の世界でも物足りないぐらい素敵な世界ですね。砂地からはたくさんのにょきにょきしたガーデンイール、そして白人やろ~にも人気があるヤッコエイ、オーロラパートナーゴビーにムラサメハゼ、ヒレナガネジリンボウなどなどマクロを見せて、とても小さな根にはたくさんのキンギョハナダイ、そこに住むハナダイギンポなど。次々と生物を紹介していると中層にはクマザサハナムロ、イエロバックフィジラーなどなどグルクンの中間達がどこからともなくやって来ます。これがまた一段と癒されます。

シミラン クルーズ シミラン ダイビング


リーフにはキンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジなどの黄色の軍団が群れを作り我々ダイバーに水中で見るイエローの素晴らしさをアピールしているようです。サンゴ上にはスズメダイを代表する選手でデバ、アオバ、カブラヤ、クジャク(アンダマン海)、インドマルなど可憐で美しく、優雅に舞っています。こんなシミランの東側に恋してしまうとついついポイント選択も東がメインになってしまったりするのは僕だけかな?




シミランのダイビングクルーズログ

シミランクルーズ予約センター

西側vs東側

シミランダイビングクルーズでは日数によって潜る本数も異なりますが、3泊以上のクルーズなら10ダイブ以上をシミラン諸島からスリン諸島に掛けてゆっくりとクルーズ生活を楽しみながら海中世界を満喫して行きます。 シミラン諸島は2名性の顔を持っていて、東側は真っ白な砂地に美しいサンゴが一面あり、癒し系のダイビングをどっぷりと楽しむ事が出来ます。 反対側の西側は岩岩岩とダイナミックな地形でまるで水中遺跡のような世界が広がっています。

シミラン クルーズ


僕個人的には東側が大好きですが、最近何だか白人フィーバーで奴らをガイドしているとやっぱり岩岩岩!そしてシャーク・シャーク・シャーク!っとやたらうるさいので良い加減腹が立ちます!って冗談ですが。何で彼らはあんなに岩をくぐったり、激流に逆らうのが好きなんですかねぇ~?本当に謎の多い白人やろ~ですがふえ~ でもあれだけすごい速度?で泳いでいても皆一斉にピッタっと止まる瞬間があります。
それはやっぱりあれが出た時です!ハナミノカサゴが美しく宙に舞う時はあの濃~い顔をして碧い瞳をした白人やろ~もニコニコして見つめています。何でこいつらこんなにカサゴを愛しているんだろ~?って不思議に思う事もありますが、逆にちょっと可愛かったりもしますねハート

シミランクルーズログ シミラン クルーズ 豪華 

岩を潜り抜ける瞬間だって、必ずピースサインをしながらしっかりと浮力コントロールをとって、そして大きなライトの光をこっちに向けながら泳いでいる姿は思わずこっちまでコヨ幸せをもらった感じになりますね。こんな彼らとのクルーズ生活が当たり前になってきている自分がちょっと怖いですが・・・



シミランのダイビングクルーズログ

シミランクルーズ予約センター
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がプーケット近郊、シミラン諸島、ピピ島のダイビング、各種ツアー、スパ、レストラン情報など楽園リゾートの楽しみ方を発信中♪

♪プーケットしまかぜ案内人と海中探検♪
おススメのプーケットのダイビング&マリンスポーツ情報
プーケットの天気
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。