東側vs西側 素敵な世界 プーケットでダイビング!しまかぜ案内人と海中探検へGO★

プーケットしまかぜ案内人がお届けする、プーケット近郊のダイビング紹介、シミランクルーズの魅力、ダイビング何でも相談などダイバーの為のブログ

ホーム > スポンサー広告 > 東側vs西側 素敵な世界ホーム > シミランのダイビングポイントって? > 東側vs西側 素敵な世界

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ プーケットしまかぜ案内人 ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

東側vs西側 素敵な世界

こんな暑い常夏プーケット島でブログ更新を日々勤勉にやってる僕もすご~いな~っと関心してしまう事があります。でも毎日更新出来なくてもちゃんと「予約登録」をしてでも365日を目指して頑張って行こうと思います。潜水人の他にプーケット極楽案内人も掲載を新たに初めていますのですご~く暇だったら?ちょっと読んで見て下さいね。じゃ、なんでこんなにブログを書いているかって?2007年に嬉しい事にゴーストライターの仕事が2社から以来があり、このプーケット潜水人も2009年には違う形で掲載される予定なのです!でもまだまだ先の話ですので何とも言えませんが・・・

シミラン ダイビング 地形


話は戻ってシミラン諸島での対決はやっぱり僕は東側が勝利だと思っているんだけど?
とくにNO5のアニーターズリーフ、NO7エデンの東、そしてやっぱりNO9のブッレクファーストリーフは潜る度に感動、そして極上の癒しダイブが出来るのでついつい仕事を忘れてしまいますね。

シミラン クルーズ 豪華  シミランクルーズ シミランクルーズログ

2004年の津波後に一度潜ったブレックファーストリーフは悲しく、とても悲惨なぐらい壊れてしまい、1日も早い復旧を今でも願っていますね。
今でもダイバーに大人気のアニーターズリーフは真っ白な砂地から小さなパッチリーフ、そして大きなウミウチワなど60分の世界でも物足りないぐらい素敵な世界ですね。砂地からはたくさんのにょきにょきしたガーデンイール、そして白人やろ~にも人気があるヤッコエイ、オーロラパートナーゴビーにムラサメハゼ、ヒレナガネジリンボウなどなどマクロを見せて、とても小さな根にはたくさんのキンギョハナダイ、そこに住むハナダイギンポなど。次々と生物を紹介していると中層にはクマザサハナムロ、イエロバックフィジラーなどなどグルクンの中間達がどこからともなくやって来ます。これがまた一段と癒されます。

シミラン クルーズ シミラン ダイビング


リーフにはキンセンフエダイ、ヨスジフエダイ、アカヒメジなどの黄色の軍団が群れを作り我々ダイバーに水中で見るイエローの素晴らしさをアピールしているようです。サンゴ上にはスズメダイを代表する選手でデバ、アオバ、カブラヤ、クジャク(アンダマン海)、インドマルなど可憐で美しく、優雅に舞っています。こんなシミランの東側に恋してしまうとついついポイント選択も東がメインになってしまったりするのは僕だけかな?




シミランのダイビングクルーズログ

シミランクルーズ予約センター

スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

プーケットしまかぜ案内人

Author:プーケットしまかぜ案内人
プーケットしまかぜ案内人がプーケット近郊、シミラン諸島、ピピ島のダイビング、各種ツアー、スパ、レストラン情報など楽園リゾートの楽しみ方を発信中♪

♪プーケットしまかぜ案内人と海中探検♪
おススメのプーケットのダイビング&マリンスポーツ情報
プーケットの天気
最近のコメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。